everything

気になることなんでも調べちゃいます♪

24時間テレビでポケットビスケッツが18年ぶり一夜限りの復活でブラビ復活は?

ボーカルの千秋、内村光良ウド鈴木による3人組音楽ユニットが18年ぶりの復活を果たし、熱唱した。みやぞんが100キロマラソンに臨む前に「YELLOW YELLOW HAPPY」を生披露しました。

 

 18年ぶり復活の千秋の歌声

 

千秋、内村光良ウド鈴木による3人組音楽ユニットはポケビと呼ばれ人気ユニットでした。

バラエティー番組、『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』から誕生したユニット
そんな、ポケットビスケッツが、日本武道館で18年ぶり一夜限りの復活をしました。

ウリナリ大好き人間には懐かしいですね。幻かと思うくらビックリです。

めっちゃ懐かしい。
千秋さんの歌唱力、衰えてないですね

カラオケでめっちゃ歌ってたーと思う人も多いのでは?

メンバーは

・TERU(内村テル
演者はウッチャンナンチャン内村光良。プロデューサー、リーダー、キーボード担当。8枚目のシングル『青の住人』と、アルバム収録曲「Orange」ではメインボーカルも務めた。内村の相方である南原清隆が扮した音楽プロデューサー・南々見一也が経営する「居酒屋ナミちゃん」の雇われ店長として登場した[4]。初登場時71歳[4]。語尾が「ダニ」と訛ることが特徴[4]。楽器演奏は当初アテ振りであったが、第2作「YELLOW YELLOW HAPPY」からはソロパートで実際に演奏を行い、ライブで披露した。「青の住人」・「Days」では全編に渡り演奏を担当した。

 

・CHIAKI(坂本千秋)
演者は千秋。ボーカルと作詞を担当。テルと同じく「居酒屋ナミちゃん」の店員であった[5]。初登場時12歳。幼い頃から歌手になることを夢としていた。

 

・UDO(独活野大木(うどのたいぼく))
演者はキャイ〜ンウド鈴木。ショルダーキーボード、ギター、エレクトリックドラム担当。4作目のシングル「Green Man」ではメインボーカルも務めた。初登場時27歳。南々見一也のスタッフであったが、厄介払いされるような形でポケットビスケッツに加入した[6]。ユニット名の命名者でもある[6]。テルと同じく演奏はアテ振りであるが、アコースティックギターインストゥルメンタル曲「まごころ」をライブで生演奏している。

ブラックビスケッツもあった

 ポケットビスケッツを倒すために結成されたユニットブラビ。

 

 当初のブラックビスケットのメンバーは

・南々見狂也(ななみ きょうや)
ウッチャンナンチャン南原清隆
McKeeをプロデュースした南々見一也の兄という設定。「エー、コラァ!!」「みんな不健康にしてたかぁ?」というセリフがお約束だった。出身地はブラジル・サンパウロ(またはイタリア・ジェノヴァ)。


・天山ひろゆき(あまざん - )
キャイ〜ン天野ひろゆき
プロレスラー天山広吉(てんざん ひろよし)がモデル。角突きの帽子がトレードマーク。ウリナリ終了後、メンズ・キャイ〜ンのプロレス企画にも登場し、そこで本物の天山と共演している。


・ビビアン
ビビアン・スー

 

ビビアンのいたブラビの方が好きとか、ブラビ派、ポケビ派どちらですか?

あの頃のテレビは本当に面白かった。と懐かしくなります。

ブラビ復活を望む声もありますが復活は?

2010年にビビアンさんが日本での活動を本格的に再開しましたが、その後2015年にシンガポールで出産しているようです。

また日本で活動する日が来るといいですね。

 

 

 

suika.hatenadiary.com

 

 

suika.hatenadiary.com