映画

アクアマン映画 キャストとサウンドトラックは?

映画『アクアマン』、2018年12月に、全米で公開され、興行収入1位の大ヒットの作品。

日本での公開日は2019年2月8日から始まっています。

アクアマンに登場するキャストとサウンドトラックをご紹介します。

 

アクアマン キャスト

監督 ジェームズ・ワン
脚本デヴィッド・レスリー

ジョンソンウィル・ビール

原案ジェフ・ジョーンズ

ジェームズ・ワン

ウィル・ビール

原作DCコミックス
出演者ジェイソン・モモア

アンバー・ハード

ウィレム・デフォー

パトリック・ウィルソン

ドルフ・ラングレン

ニコール・キッドマン

 

ジェームズ・ワン監督は、大人気カーアクションシリーズ第7弾「ワイルド・スピード SKY MISSION」で、全世界興収10億ドルを史上最短の17日で突破した監督です。

 

ジェイソン・モモアの肉体美マッチョも素敵ですが、それよりも気になったのは、アンバー・ハードとニコール・キッドマン。

なんて美しいっ!

元ジョニー・デップの奥さんと、元トム・クルーズの奥さんですね。

ちなみにニコール・キッドマンは、1967年6月20日 生まれの51才です。

 

詳しいキャストはこちら!

アーサー・カリー/アクアマン(ジェイソン・モモア)

陸と海、ふたつの世界のかけ橋となる運命のヒーロー。

海底王国アトランティスの女王アトランナと、灯台守のトム・カリーとの間に生まれ、少年の頃から、不思議な力を持つ少年。

成長したアーサーは、母が自分のせいで海底人に殺されたと思い、陸と海のどちらの世界にも溶け込ずにいるが、困った人を助けるヒーロー、アクアマンとして地元のヒーローとなっている。

メラ(アンバー・ハード)

アトランティス王国の同盟国、ゼベルの王女。

アトランティス王のオーム王の婚約者。

ステッペンウルフによる地球襲撃の時に、アーサー(アクアマン)と出逢い、オーム王の海の支配と地上への侵略を防ぐためにアーサーに助けを求める。

アトランタ王の忠臣バルコと協力して平和を守ろうとしている。

水を自在に操る能力は協力で、ゼベル国の王女でありながら強い戦士でもある。

 

View this post on Instagram

 

Aquatainment weekly is here !

Amber Heardさん(@amberheard)がシェアした投稿 –

 

 

アクアマン上映される劇場は?

現時点での上映劇場は、こちらのアクアマンの公式ページから検索することが出来ますが、ヒットを予想してか、劇場もたくさんあります。

>>アクアマン 劇場情報

4DX3Dが超おすすめ

4DXで見れたら、どんなに楽しいんだろー!って思ってたら、

4DX3Dでの上映予定があります。

IMAXでも上映がありますが、

4DX3Dで見てきて、体感に感動ですー!

アクアマン4DX3Dが絶対おすすめ!あらすじ,感想,水中バトルがすごい水中バトルシーンが話題のアクアマン。 あらすじ、おすすめの4DX3Dで見た感想とネタバレご紹介します...

アクアマンのサウンドトラック 曲目は?

日本のサウンドトラックは、現時点で発売されていませんが、

タワーレコードで、輸入盤を取り寄せすることが出来ます。

タワーレコードで見る

>>Aquaman

『アクアマン』サウンドトラック盤 曲目はこちら

1.Everything I Need (Film Version) ? Skylar Grey
2.Arthur
3.Kingdom of Atlantis
4.It Wasn’t Meant to Be
5.Atlantean Soldiers
6.What Does That Even Mean?
7.The Legend of Atlan
8.Swimming Lessons9.The Black Manta
10.What Could Be Greater Than a King?
11.Permission to Come Aboard
12.Suited and Booted
13.Between Land and Sea
14.He Commands the Sea
15.Map in a Bottle
16.The Ring of Fire
17.Reunited
18.Everything I Need ? Skylar Grey
19.Ocean to Ocean (feat. Rhea) ? Pitbull
20.Trench Engaged (From Kingdom Of The Trench) ? Joseph Bishara

アクション映画というだけでなく、引き込まれるような映像の美しさにも期待できるアクアマン。

まだ見たことのない海中バトル・エンターテインメントに期待です。