everything

気になることなんでも調べちゃいます♪

琵琶湖花火大会 おすすめの有料席と混雑具合は?

2018年8月7日(火)19:30から

2018びわ湖花火大会が開催されます。

都会の真ん中の花火と違って、涼しい風が吹くびわ湖湖畔から見る花火は関西でも人気の花火大会です。有料観覧席が広いため、場所により見る角度が大きく変わります。どの場所のチケットを取ったらいいのでしょうか?

 

 

 

有料席の予約方法

7/28現在

まだ予約を受け付けているようです。

予約を受け付けているのは

予約サイトはこちら

それぞれの旅行会社によって、確保している座席の場所が違うようですので、問い合わせをされてご確認ください。

 

おすすめの有料席は?

アルファベット席は、一番前のブロックで見やすい。

ひらがな席は アルファベット席の後ろですが、通路をはさんで芝生の上あたり

花火の打ち上げ中も通路を通る人が多いため、あ~この席の前列は、通行人にさえぎられるかもしれません。

立ち見自由席は、座席がないと思われますが、湖にせり出している部分なので、見えづらいことはないのではないでしょうか。


f:id:orangering:20180728012200p:plain こちらが有料席の座席表です。

 

立ち見の自由席と、座席指定のエリアにわかれています。

この地図で見ると E席とG席の間の↑で

その湖上部分で打ち上げになるかと思いますが

例年、琵琶湖の花火大会は横に長い配置で打ち上げられています。

そのため、中心からズレた位置でも、違った角度から見ることができますので、どこからでも楽しめると思います。

 

f:id:orangering:20180728014200j:plain

<暑さ>

大阪、京都よりも気温の低い大津で、また湖畔のため、都会の花火大会のような暑さもなく、快適だとの声が多くあります。

その日の天候によるので、暑さ対策、また夕立対策を持参しましょう。

 

<トイレ>

仮設が多く用意されていますが、かなり並ぶことが想定されます。お手洗いは、出発前の駅で済ませておくほうが良いでしょう。

 

 

アクセスと混雑具合、早く帰れる帰宅方法は?

有料観覧席のエリアの中は、混雑はしていません。人が多いのでトイレは混みますが、湖からの風も吹くので、暑い日でも、都会よりは涼しく観覧できます。

ただ、交通機関は激混みです。

 

観覧席に近いのは、

京福電鉄 びわ湖浜大津駅

京阪電鉄 島ノ関駅

この二つです。

 

京阪電車は、車両が少ないため、混雑するようです。

行きも通勤ラッシュなみに混んでいますが、

帰りは駅に入場規制がかかるため、駅付近の行列がなかなか動きません。

京阪電車方面に帰る人も、

少し歩いて「JR 大津駅」まで行くと、早く電車に乗れる可能性が高そうです。

JRの電車は、増発していますし、車両の編成が多いので、輸送量が違います。

大津駅も駅周辺は、規制がかかるかと思いますが、それでも、電車に乗れる人数が多いため、京阪電車ほどは、列が止まらないでしょう。

大津周辺は道路が狭いので、車で行って渋滞すると動かない可能性があります。また地元の方の迷惑にもなるので控えたほうがよさそうです。