海外ドラマGONE シーズン1-1話ネタバレ,感想 キャストは?


 

2017制作の米ドラマ 『GONE/ゴーン』シーズン1。

huluで配信が始まりました。ついついハマっちゃったので、かるーくネタバレありでご紹介します♪

幼児の頃に誘拐されて5年後に救出された少女 キックが、誘拐犯と一緒に暮らした経験を捜査に生かして、FBIチームで事件解決をしていくドラマGONE。

あらすじ、感想を、ネタバレ入りでご紹介。

 

まず、1話目は、キャストからチェックしちゃいましょー♪

シーズン1 1話は、登場人物も少なくて、わかりやすいストーリーですよ。

 

ドラマ『GONE』を無料で見る方法はこちら

海外ドラマGONE シーズン1-1話ネタバレ,感想 キャストは?

 

FBI捜査官

フランク・ノバク

クリス・ノース
15年前に誘拐されフランクに救出された

キット・“キック”・ラニガン

レヴェン・ランビン
元陸軍

ジョン・ビショップ

ダニー・ピノ
誘拐された過去を持ちフランクに救出された

ジェームズ・フィンリー

アンディ・ミエンタス
キックを救出したFBI特別捜査官

ケネディ

トレイシー・トムズ
キックを誘拐した犯人

メル・フォスター

 

GONE シーズン1-1話 あらすじ

 

物語は、父親と母親、そして10歳の娘の3人家族の幸せな日常シーンから始まります。

そこに、突然 FBIが突入してきます。

 

FBIに押さえつけられる父親。

怯える子供。

 

しかし・・・

幸せそうに見えた家族は、実は、誘拐犯と誘拐された少女の家庭だったのでした。

 

キット・ラニガンは逃げた犬を探していた時、

「一緒に探そう」

と声をかけてきた男に誘拐されました。

 

それから5年もの間。

 

キット・ラニガンは 『べス・フォスター』として、誘拐犯と一緒に家族のように暮らしていたのです。

 

突入したFBI フランクに、なかなか本名を言えないキット。

「君はキット・ラニガン」と言われても

「その言葉は言っちゃだめ」と答えます。

 

キット・ラニガンが救出されて15年後。

 

キット・ラニガンは、キックというニックネームで呼ばれていました。

キックは、銃を撃つ練習にはげみ、空手を教える先生になっていました。

 

キックの父は、誘拐されたキックが戻った後、状況に耐えられず家を出ました。

母ポーラは、誘拐された少女の母としてマスコミに登場するようになっています。

 

ある日、キックの道場に 体験入学の男がやってきました。

 

しかしその男は、体験入学なのに、キックと同等に戦います。

実は、その男は フランクから紹介された元陸軍のビショップでした。

 

ビショップとキックの戦う様子をうかがっていたフランクが

キックのところに来た理由を説明します。

 

[jin-iconbox10]

フランクは誘拐事件を解決するために組織を作った。

フランクが作ったのは

少人数で動きやすく、資金も潤沢な組織。

キックに協力を頼みたい。

今、起こっている誘拐事件を解決したい。

[/jin-iconbox10]

 

戸惑うキックに フランク、ビショップが言います。

 

ミアを見つけだすことが出来るのは 君だけ

オオカミの巣で育った君なら

オオカミの思考がわかる

君が力を貸してくれたらそれを止められる

 

誘拐は36時間で被害者の生存率は10%未満になる

ミアは誘拐されてもうすぐ18時間。

 

キックは迷いながらも捜査に協力することに。

 

誘拐された少女は ミア・ガルシア  9歳

3歳の頃に視力の8割を失う難病にかかっている

 

空からの画像で、FBIが捜査が必要ないと判断した家になにか感じるキック。

 

自転車を見かけない

子供もあまり見かけない。

歩道がない、人通りが少ない

ここは誘拐犯が好む オオカミの巣

 

ここになにかある。

直観を感じるキック。

その家の地下室に隠し部屋があることを突き止めたキックは、仕掛けられた爆弾でケガをしそうになるところを、ビショップに助けられます。

 

ジェームズはデータ捜査で協力し、キックもミアを助けるための捜査に感情が入っていきます。

 

だんだんとわかってくる謎。

誘拐された少女 ミアの家庭の秘密は?

誘拐犯は誰?

誘拐の目的は?

 

ドラマGONE 感想

 

日曜日の朝、シューイチをぼーっと見ていたら、エンタメランキング(?)で、このGONEが上位ランキングされたのですよ。

なんのランキングだっけ?って思いつつ見たら、私の好きな系ドラマだったんですよ、これが。

 

今のところ、グロさは抑えめ。

コワさも抑えめ。

カーチェイスでガンガンぶつかるような派手なやりあいなし。

身内に裏切り者がいるかも?って、息を止めて悩ましく考えることもなく。

 

安心して見られるFBIドラマといったところです。

 

なにが安心って?

登場人物がみーんないい人なんですよ、このドラマ。

 

誘拐されたキックとジェームズを救出したフランクは、救出後も、ふたりを見守っているし、FBIチームに招き入れたのも、キックとジェームズの能力が必要というだけではない様子。

 

ヒューマンタッチというか。

キックや、フランク、ビショップといった登場人物が、めっちゃ温かくていい人。ほんと・・安心して見ていられる。

 

誘拐された少女 ミアの心にも寄り添う感じ。

 

派手なアクションシーンは、今のところなくて、たぶんこの先も出てこないような気がするので、カーチェイスとか、銃撃戦とか、ガンガン戦うのが好きな人には、物足りないかもです。

日本のドラマで言うと、『相棒』の安定感と、『アンフェア』の謎とく感じがあるかな?

 

ヒューマンタッチなFBIドラマが好きって人に向いてるんじゃないでしょうか。

 

誘拐された人が生きて戻ってくる。

これほどうれしいことはないのに、その後の人生は?

事件の解決ということだけでなく、

解決したあとの家族はどうなる?

っていう現実。

それを直視させられるドラマです。

 

子供を持つ人は特に。

切に・・胸が痛くなる話なのですが、ドラマが終わるころにはなんらかのカタチで乗り越えたキックが見られるはず。

と思えるから救いがあります。

 

最後、エンドロールにこんなことが書いてありました。

 

アメリカでは1時間ごとに75人が行方不明になっている

 

つまり

1時間に75人。

1日にすると 1800人

1年にすると 657000人

広いアメリカということを差し引いても多いじゃないですか・・。

アメリカ合衆国の 人口(2018年)が 約 3億3000万人。

 

誘拐される率が 高すぎます。

 

では、日本の行方不明者はどうでしょうか?

警察庁生活安全局生活安全企画課の資料によると

2018年の日本の行方不明者の数は 84850人。

日本の人口(2018年)1億2600万人。

 

日本だって物騒なこといろいろありますが、

アメリカ合衆国の誘拐率の多さと比べると

それでも日本って国は、安全なんですね。

 

ドラマの最後。

捜査に巻き込まれたキックが、次の操作にすすんで参加するところで終わっています。

 

海外ドラマGONE シーズン1 2話はこちら

https://www.fp-smile.com/entry/gone1-2

 

 

海外ドラマ『GONE/ゴーン』シーズン1は、

2019年1月28日(月)から huluで、独占配信されています。

 

huluの無料お試しを利用すると、1話から最新話まで見ることが出来ます。

毎週月曜日、最新話が追加配信されています。

 

>>hulu公式サイトから2週間お試しを申し込むことが出来ます

 

 

海外ドラマバナー

 

ドラマ『GONE』を無料で見る方法はこちら

https://www.fp-smile.com/entry/gone-all1

 

huluの無料トライアルの登録方法について知りたい方はこちら

hulu (フールー)無料トライアルの登録方法【図解入りで解説】

 

 

huluの無料トライアル中の解約方法について知りたい方はこちら

hulu (フールー)無料トライアル中の解約方法【図解入りで解説】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です