everything

気になることなんでも調べちゃいます♪

上沼恵美子さんが夫源病で旦那さんと別居 卒婚とは言わない理由

 上沼恵美子さんが旦那さんと別居しているとの報道をみました。わたしたち関西人は、テレビで上沼さんを見ない週はないほど、日常の中のおもしろいおばちゃんとして定着しています。

上沼さんがかかっっという夫源病とはどんな病気なんでしょうか?また、最近のシニアの別居、離婚、恋愛はどうなのでしょう?実は、芸能人だけじゃなく、ごく普通の熟年夫婦にも起こっているようです。シニアの恋愛事情についても調べてみました。

 

f:id:orangering:20180725220609j:plain

 

 

 

 

今までの夫婦仲は?

日頃から、旦那さんのグチをネタにしてた上沼さんでしたが、まさか別居するなんて!と驚いたのが正直なところです。グチを言いながらも旦那さんのことを「賢いから」「インテリだから」と持ち上げることを忘れていませんでしたから。

ネットの反応は

平成が終わろうとしている現代に、昭和時代の亭主関白な夫婦をしていたら、夫源病にもなるのも納得。

 

上沼恵美子さん大変やな😭私の父ちゃんも第三者から見たら亭主関白やけど、弟の出産のとき夜中やのに寄り添って、3時間後には出勤してた💦母ちゃん風邪やったら父ちゃんは全員の料理作ってくれたり😣いろんな家族あるんやな。

 

ここまで我慢する事はなかったんじゃないかな?元々他人なんだし自分の人生を大事にした方がいい。好きになると盲目になってしまうから怖いよな

 

夫源病‥なんじゃ?それ⁉️本当に何でも病名がつくんですね🤔夫婦のストレスから色んな症状が出て病気を引き起こすようです😱私にはわからないのです😢何故そんなになるまで夫婦でいるのだろう🤔夫婦の形って色々あって良いと思うので一度しかない人生‥残り少ない寿命を自分の為に生きて

 

テレビでの上沼さんを知っている人たちから、養護の声が多くみられます。

個人的にも同感です。

テレビでの奔放な発言と裏腹に、家での様子を話す上沼さんからは、夫に従う妻だったことが伺えました。故 川島なお美さんも、好きなことをしているようにみえて。実はプロ級の料理の腕前で、夜中でもご主人の帰りを待つ妻だったことがブログからうかがえたことを思い出します。

がんばりすぎたんでしょうか。夫のためにがんばる妻ほど、ひとりでストレスを溜め込みやすいと言います

 

 夫源病(ふげんびょう)とは?

読んだ文字の通り、夫がストレスとなって起こる身体の症状のようです。初めて聞きました。

ですが、夫が定年になった途端 体調を崩す奥さんはずっと昔からいました。だって、それまで、昼間は自由に暮らしていたのに、自分のペースが崩れるだけでストレスですもの。今になって病気というもので捉えられるようになったのかもしれませんね。

それが、息子なら喜んでお世話をする。と言いきる奥さんも多くて、旦那さんも可哀相だなーって思う時もありますが。

詳しい話を聞くと

そんなん 耐えられないわー!!

と、言ってしまうのですが。

 

夫のことがどうしてもイヤになった時、どうしますか?

1,別居

ネットでは

上沼恵美子さんが夫源病って記事読んで、ああ~…ってなった 離婚すら面倒なんだよね…うちのおとんとおかんもそうだったな…

という子供からの意見も。

 

離婚は、結婚の倍のエネルギーがいると言いますもんね。 一緒に暮らさなければ、何も問題なく、夫婦関係を続けることが出来る可能性もあります。

しかし。別居すると、二重の生活費がかかります。 

別居と言う言葉の他に卒婚というものもあります。

こちらは、夫婦それぞれが好きなことをしながら暮らすために、夫婦生活を卒業して暮らしましょうということのようです。離婚はしません。仲が悪いわけではないということのようです。加山雄三さんご夫婦や清水アキラさんご夫婦が 卒婚されて話題になりました。

 

上沼さんの場合、病気になるほどのストレスがあるとのことで、卒婚というより別居という言葉のほうがあてはまるようです。

 

2,離婚

老後になってからの離婚は経済的にリスクがある場合が多いものです。

若いうちだと、出直せばいいやと、お互いの幸せを願って離婚も出来ますが、シニア世代になると、築いてきた財産の分与はどうする?とか、年金分割はどうする?とか、あまり前向きではない問題をクリアしなければなりません。

 

 いたしかたなく離婚となるケース。

これは、それだけのエネルギーを使っても離婚に至るだけの理由があるのでしょう。

 

そうなった時には、

傷を癒やしながら、少しずつ一歩を踏み出して。

次の人生を考えるのもひとつではないでしょうか。

 

せっかく1人になったんだから好きなことをしよう!

あれ?今までより笑う時間か増えた?と。

 

f:id:orangering:20180725222330p:plain

知り合いのおばあちゃん 85才は、老人会でモテモテです。

 

取り立てて美人じゃなけど、いつも笑っていて、一緒にいると楽しいのです。

顔がしわしわでも、チャーミングな笑顔が素敵です。

 

新しい出会いといっても

急に出歩いたり 

いきなり婚活パーティーもハードル高いですよね。

 

まずは。

心のストレッチをしませんか?

 

人は死ぬまで結婚できる 晩婚時代の幸せのつかみ方 (講談社+α新書)

 

こんな本を読んだり。

ちょっとおしゃれしたり。

自分の心と身体に栄養をあげてみましょう。

自分のために。

 

そのあとで次のステップにすすんでみましょうか。