everything

気になることなんでも調べちゃいます♪

プロが選ぶ甲子園のベストプレイヤー2018年高校野球『追跡 LIVE! SPORTS ウォッチャー』

今年の高校野球が終わり、球児だけでなく見ている側にも感動を残してくれました。

『追跡 LIVE! SPORTS ウォッチャー』で現役プロ野球選手へのインタビューから『プロが選ぶ甲子園のベストプレイヤー』という特集をしていました。

注目された選手はたくさんいましたが、プロも認める3選手とは誰でしょうか、気になるところです!

 

 

f:id:orangering:20180826001228p:plain

1位

金足農業高校

吉田輝星選手

f:id:orangering:20180827210416p:plain

  • 2001年1月12日、秋田市生まれ
  • 176センチ、81キロ。右投右打。

秋田大会で5試合、甲子園でも準決勝まで5試合を完投。5回を投げて12失点と、今大会で初めて試合の途中でマウンドを降りましたが、秋田県勢としては、実に103年ぶりとなる決勝進出へ導きました。

そんな吉田輝星選手に対してプロの選手の評価は。

広島 鈴木誠也選手

自身がピッチャーであり、そのつらさがわかるところから「すごいなと思う」

 

中日 平田良介選手

「今、プロで投げても通用するんじゃないかな」

 

楽天 則本昂大選手

「素晴らしいまっすぐ」と「コーナーに投げる」変化球が「すごい」

 

と、評価され、ベストプレイヤー1位となりました。

今でもプロで通用するのでは?という見方もありますが、今後の進路はプロに進むのでしょうか。八戸学院大へ進学するのでしょうか。

世間の注目度も1位ですね!

2位

藤原恭大選手

大阪桐蔭高校

  • 181cm / 78kg B型
  • 中堅 左投左打

腕相撲では、入部以来、他の部員には負けたことがなく、
体育の時間でやったスポーツテストで陸上部の生徒よりも足が速かったことから、野球をやってなかったら、本格的に陸上短距離をやって陸上選手になりたかったといいます。

 

オリックス 吉田正尚選手

「プロの中でもトップクラスの身体能力のような気がする」

 

西武 森友哉選手

「男前でこの先すごいスーパースターになるんだろうなという感じがしました」

 

中日 平田良介選手

「センター前ヒットで相手の隙をついてセカンドまで行くプレー」で、「まわりを見る視野がある選手」

 

と評価されていました。

 

3位

根尾昂(ねお あきら)選手

 

大阪桐蔭高校 

 

両親ともに医者。兄(医学部在学中) で、根尾昂選手自身も成績優秀。

野球部に所属する部員は、Ⅲ類クラブだが、根尾選手は部員で唯一、通常クラスにいるという大阪桐蔭史上最強の優等生と言われています。大阪桐蔭高校は関西有数の進学校ですから、まさに文武両道といえますね。

大会では、投手と遊撃手の二刀流とも言われ注目されました。

藤原選手同様、足が速い選手です。

 

私は走るのが苦手なのですが。

「子供の頃にトレーニングしていれば、絶対に速くなったはず!」

と、知り合いのトレーナーさんから言われます。

あんなに自信を持って言うんだからコツがあるんですね、きっと。

DVD 小・中学生ための走り方バイブル2 1時間で速くなる! 快足トレーニング編

 

 

今年のドラフト会議は10月25日。

どんな結果になるんでしょうか。

楽しみです

 

 

suika.hatenadiary.com

 

suika.hatenadiary.com