ブログ関連

【超簡単】ミックスホストからConoHaWINGに移行する手順を画像でわかりやすく解説!

今、私の運営しているサイトのサーバーは、すべてConoHaWING(コノハウィング)を利用しています。

サーバーは、いろいろ使ってきて、ConoHaWINGで4つめです。

ConoHa WINGからミックスホストへ移行してよかったのは3つの点です。

  • サーバーのログイン画面でドメインも一緒に管理できる
  • 速くなった
  • 移行の途中でわからなくなっても電話サポートがある

ConoHaWINGの管理画面はとてもわかりやすくて、ドメインもサーバー管理もすべてひとつの画面でできるようになっています。

まある
まある
サーバー管理が苦手な私には、これまででいちばん使いやすいサーバーだわ 

ConoHa WINGからミックスホストへ移行したのには理由がありました。

ミックスホストで運営していたサイトが、一時的に不安定になって表示されなくなるトラブルがあったからでした。

たまたま偶然のタイミングだったのかも知れませんが、ミックスホストの障害があった時間帯にサイトが表示されなかったのです。

そこで、より通信障害の少ないサーバーへの移行を考えるようになったのです。

ConoHa WINGの過去の通信障害の一覧をみると障害発生情報が少なかったことから、ConoHa WINGへの移行をすることにしたのでした。

この記事ではミックスホストからConoHa WINGへ、【WordPressかんたん移行】を利用して、とっても簡単に移行するまでを、画像をつかって解説していきます!

\とってもかんたん/

ConoHaWINGへのかんたん移行をみる

ミックスホストからConoHaWINGに移行する手順

手順をみると作業が多くあるようにみえますが、実はConoHa WINGには、【WordPressかんたん移行】というサービスがあります。

ConoHa WINGの【WordPressかんたん移行】を利用してサーバーの移行をすると、とっても簡単!

ConoHaWINGのコントロールパネルの画面から移行の設定をするとあっという間に出来たので、実際にやってみた画像付きで解説します。

自分で移行するより代行して移行してもらいたいという方には、

WordPress代行サービスもあります。

\ConoHa WINGが移行してくれる/

WordPress代行サービスの依頼方法 

ConoHa WINGに申し込む

ConoHa WINGのサイトから「今すぐお申し込み」をクリックするとログイン情報の入力画面に進みます。

こちらで入力するのは8つの項目です。

名前
性別
生年月日

郵便番号
住所
メールアドレス
パスワード

ConoHa WINGへの申込み1

次に、本人確認のために電話番号を入力して認証を行います。

認証する方法は SNS もしくは電話を使います

 

ConoHa WINGへの申込2

 

支払方法は3つから選びます

クレジットカードを利用する
事前にチャージをする
Conohaカードを購入する

ConoHa WINGへの申込3

ここでは「ベーシック」のプランを選んでいます。

ConoHa WINGへの申込4
ConoHa WINGへの申込5
ConoHa WINGへの申込6
ConoHa WINGへの申込7

ドメインを設定する

ConoHaWINGのコントロールパネルから「サーバー管理」をクリックします。

konoha11

「新規ドメインを追加」

無料独自SSLを「利用する」を選択します。

ここで選択しておくだけで独自SSL化ができるので、しておくと便利です。

保存を押して少し待ちます。

konoha12

左下に「以下のドメインが稼働中になりました」と表示されてば正常に終了しています。

最初に「失敗しました」と表示されても、少し待ってみると正常に終了となりました。

konoha13

サイトを移行する

「サイト管理」から「基本設定」を選択して「利用設定」を「ON」にします。

konoha14-11

左下に「成功しました」と表示されると次にすすみます。

「サイト設定」から「+アプリケーション」をクリックします。

konoha14

アプリケーションは「WordPress」を選択。

インストール方法は、「かんたん移行」を選択します。

WordPressのバーションは、今使っているバージョンを選択します。

移行先のURLを入力して、サイトに「WWW」をつけるかどうかを選択します。

その後順に記入して最後に保存を押します。

konoha15

 

konoha16-2

 

konoha17

ネームサーバーの情報設定をする

ドメインの提供元のネームサーバーの設定を、ConoHaWINGのネームサーバー情報に変更します。

ns-a1.conoha.io

ns-a2.conoha.io

ns-a3.conoha.io

すでにConoHaWINGにドメインを移管している場合はこちらの画面から「ConoHa(標準)」を選択します。

konoha18

こちらで完了です。

まある
まある
サイトが正常に表示されているか確認するまでドキドキだったけど、できた!

ConoHa WINGへ移行を代行してくれる『WordPress移行代行』サービス

素材10_WordPress移行代行

このように、ミックスホストからConoHa WINGへ移行するという私のチャレンジは、いとも簡単に完結しました。

 

それでも、大切なサイトの移行の場合は、やっぱり不安・・。

そんなときは、移行作業を代行してもらうサービスがあります。

『WordPress移行代行』を利用すれば

1サイト 6,980円で移行作業をまるごとおまかせできます。

『WordPress移行代行』はこちらから申込みができます。

 

\ConoHa WINGが移行してくれる/

WordPress代行サービスへ依頼する 

 

移行したい日から3営業日前までに申し込みをします。

手順

WordPress移行代行の申し込みの流れ

  1. こちらからConoHaアカウントを作成し、ConoHa WINGを新規申込する
  2. ConoHaショップ「WordPress移行代行チケット」を購入する
  3. メールで届くヒアリングフォームをに必要な情報を入力する
  4. 希望の移行日にWordPressの移行作業が実施される
  5. ドメイン設定してWordPress移行が完了する

もっとくわしく相談してから考えたいという場合は

ConoHa WINGの問い合わせフォームから相談することができます。

ConoHa WINGの問い合わせフォーム 

ぽんた
ぽんた
慣れない作業で神経をすり減らすくらいなら、移行作業は代行してもらって、その間に、記事を書いた方が効率良いという方におすすめだよ

ConoHa WINGとミックスホストを比較

コノハミックスホスト
ベーシックスタンダード
料金3ヶ月契約 1,100円/月3ヶ月契約 1,380円/月
初期費用 無料 無料
容量 SSD200GB 250GB
転送量目安 3TB/月
ドメイン数無制限無制限

ConoHaWINGの容量SSD 250GBに増えるのは2020.2.5からです。

ConoHa WINGとミックスホストの料金を比較

ConoHa WINGは、ミックスホストは、3ヶ月の最低契約期間がありますが、1ヶ月利用した場合の料金を比較するとミックスホストのほうが安いです。

しかし、ConoHa WINGの料金は、1時間ごとに2円となっています。

1ヶ月最大で1,200円という料金設定です。

ConoHa WINGもミックスホストも『マルチドメイン』がつかえる

素材08_ドメイン無制限

現在、私は複数のドメインをConoHaWINGのサーバーで管理しています。

いわゆる『マルチドメイン』というものです。

サーバーによっては、複数のドメインを1つのサーバーに入れることができません。

その点、ConoHaWINGは、1つのドメインの契約で複数ドメインを運営できるので、サーバー代の節約になっています。

ちなみにミックスホストもマルチドメイン対応です。

複数のドメインを1つのサーバーに入れると、節約出来るだけでなく、更新日などの管理がわかりやすくて便利です。

ConoHa WINGの場合は、サーバー管理とドメイン管理を同じログイン画面でみることができます。

1万PV/日超えるくらいだと、現在契約しているベーシックプランで特に問題なさそうです。

一気にアクセスが増加することがわかっているときは、上位のプランに変更しておくこともできます。

と、マルチドメインの良いことばかり書きましたが、デメリットもあります。

1つのサーバーで複数ドメインを管理すると、なんらかの原因でサーバーにトラブルが発生した場合、同じサーバーに入れているドメイン全部に影響が出てしまいます。

ひとつのサイトにトラブルが起こるだけでも困るのに、それが全部に影響が出るのはちょっと恐怖かも。

ConoHa WINGのスマホアプリでサーバーの状態を確認できる

ConoHa WINGにはスマホアプリがあります。

このアプリをスマホに入れておくと、いつでもサーバーの状態を確認することができます。

コノハのスマホアプリ1

アプリのログイン画面で ID とパスワードを入力します。

コノハのスマホアプリ2

使用しているサーバーの現在の 状態と利用料金が確認できます。

コノハのスマホアプリ3

スマホにアプリをいれていれば、サーバーにトラブルが起こっているかも?と気になった時にすぐに確認できますし、問題が起こったらすぐに対応するというより、「サーバーは正常です」という表示をみたら安心するところがいいです。

アクセス解析も見れますが、そちらはGoogle Analyticsで見るのであまり使わないかも。

ConoHa WINGには電話サポートがある

あってほしくないことですが、サイトでなにかトラブルがあったとき。

まある
まある
サポートセンターに問い合わせしやすいか?ってとても大事なポイントだよね

ConoHa WINGもミックスホストも、問い合わせフォームがあります。

どちらの問い合わせフォームも利用したことがありますが、翌日には丁寧に返答をいただけました。

問い合わせフォームは機械的に感じるのですが、メッセージを送る向こう側には人がいるんですよね。

当たり前のことなんですが、文面に親切さを感じることもありました。

ぽんた
ぽんた
でも文章で問い合わせするのって、うまく伝えられるか自信ないのよね
まある
まある
ConoHa WINGは、電話サポートでも問い合わせできるよ

ConoHa WINGの電話での問い合わせの対応時間はこちら

受付時間 :10:00~18:00(土日祝を除く)

電話で会話すると多くの言葉を使って説明できるので、サポートセンターの人に意図が伝わりやすくなるんですよね。

平日のお昼間しか問い合わせができないため、会社員だと問い合わせをしにくいかと思ったのですが、お昼休みの時間帯に電話をしたときすぐにつながりました。

ConoHa WINGへ移行する 

ConoHa WINGへ移行した感想

ConoHa WINGへのサーバーの移行は簡単だった

ConoHa WINGへのサーバーの移行方法はとってもかんたんです。

とはいえ、実は、今回の移行は3度目なのです。

 1度目の移行

まある
まある
用語が理解出来ず、丸一日かけて移行したわ・・

 2度目の移行

まある
まある
失敗したくないサイトだったから移行を代行してもらったの

記事を200記事ほど入れていて、常にアクセスがあるサイトの移行で失敗したくなかったのです。

そこで、こちらは移行を代行してもらいました。

サーバー管理にくわしくなくて、大事なサイトの移行をするのであれば、いろいろと調べることに時間を費やすよりも、おまかせしてしまうというのもひとつの方法だと思います。

ConoHa WINGでは「WordPress移行代行」というサービスがあります。

自分の時間を、ブログの記事作成にあてる方が有効なのか?移行作業にあてる方が有効なのか?比較して選んでみるのも良いかと思います。

 3度目の移行

今回の移行です。

まある
まある
あれ?思ったよりかんたんにできちゃった!

サーバーの移行は、もうコリゴリ・・・と、1度目のときに思ったのですが、3度目に移行したサイトは、まだ記事を入れてなくて、失敗しても全然平気だ~って思ってチャレンジしてみました。

すると、あれれ?意外とすんなり出来たのでした。

それでも、移行完了までドキドキするので、こういいった作業はもうこれっきりにしたいと思っています。

ドメインもサーバーも全部がConoHa WINGになった

コントロールパネル

現在、私の所有するサイトは、複数ありますが、ドメインも、サーバーも全部がConoHa WINGになりました。

今までは、エクセルで、サーバーとドメインの組み合わせ、更新の期日を管理していました。

それが、ログインしたら一目瞭然になったのでエクセルの表はいらなくなりました。

ドメイン一覧と更新期限がわかるので一目瞭然です。

ドメインなどの管理の部分のストレスはできるだけ減らしたいと思っていたので、やっとわかりやすく管理できるようになりました。

ConoHa WINGへの移行後のスピードを計測すると?

ミックスホストからConoHaWINGへ移行後、体感的に早くなりました。

移行前に計測していなかったので正確に比較はできませんが、記事数206のサイトのPCの速度をPageSpeed Insightsで計測すると『92』になっています。

keisoku

画像の重いものがあるので、改善すればもっと速くなりそうです。

ConoHa WINGへ移行する 

まとめ

ワードプレスでウェブサイトを運営していると、ブログを書くだけでなくサーバー管理が必要です。

サーバー管理なんてしたくないと、いつも思っている私でも、ミックスホストからConoHa WINGへの移行はかんたんでした!

サーバー管理が、ひとつにまとまってわかりやすくなったので、サーバー管理のストレスが減ったのがうれしいです。