everything

気になることなんでも調べちゃいます♪

林修のニッポンドリル |いちご大福の元祖名店『大黒玉屋のいちご豆大福』

次回の林修のニッポンドリルは林修先生推薦!手土産として持っていけば絶対喜ばれる「和菓子」』です。和菓子シリーズの第2弾。

その前に、第1弾の『美食家、林修先生が厳選、名店の和菓子』として紹介されたお店を確認しておきましょう。

f:id:orangering:20180826010057p:plain

大黒玉屋のいちご大福

新宿 曙橋駅近くにある「大黒玉屋」

1985年に発売したいちご大福の元祖のお店です。

f:id:orangering:20180826012147p:plain

 当時、いちごのショートケーキをヒントに店主が作ったいちご大福は、すぐに大ヒット。今では、なんと年間50万個以上も売れているそうです。

 

和菓子界に革命を起こした、いちご豆大福の作り方や、美味しさヒミツ、購入方法についてご紹介します。

 

 

黄金比率で作ったいちご豆大福

北海道十勝産の小豆で風味の強いあんこ

f:id:orangering:20180826011954p:plain

栃木県産 とちおとめ

f:id:orangering:20180826011958p:plain

もち米は 宮城県産 みやこがねもち

 

そして、素材の量のバランスに黄金比率があるそうです。

  • お餅  50g
  • あんこ 40g
  • いちご 5g

合計95gがもっとも美味しいいちご豆大福の重さ。と言います。

大ヒットにかくされた美味しさの理由は?

甘い和菓子にあえて入れているもの。

それは

低価格な塩

なんだそうです。

なぜなら、良い塩は塩自体の味が出てしまうので、あえて安い塩を使うことでバランスがよい仕上がりになっているそうです。

 

いちご豆大福を買うには?お取り寄せは?

1.店舗で買う

【本店】
東京都新宿区住吉町8-25
03-3351-7735

【銀座店】
東京都中央区銀座西3-1
03-3563-1535

【四谷店】
東京都新宿区四谷3-6
03-3358-8612

2.デパートで買う


【月曜日】
そごう西武(池袋)

【火曜日】
そごう西武(横浜)

【水曜日】
日本橋三越本店
銀座三越
恵比寿三越

【木曜日】
そごう西武(池袋)
伊勢丹(浦和)

【金曜日】
高島屋日本橋
高島屋(新宿)

【土曜日】
そごう西武(川口)

【日曜日】
伊勢丹(浦和)

 

3.お取り寄せは?

残念ながら出来ないようです。

「元祖・大角玉屋のいちご豆大福は保存料等を一切使っていない為、日持ちしません。その日に作られた新鮮ないちご大福が販売されていますので、是非お近くの店頭でお買い求めください。」

とのことです。

 

いちご大福をお取り寄せできる店舗は少ないのですが、

四条寺町通りにもお店のある京都の和菓子屋さん『与楽』からお取り寄せ可能ですよ。

 

>>与楽の「夏いちご大福」10個入り(京都 No.1)【京都の和菓子屋】

 

suika.hatenadiary.com

 

 

suika.hatenadiary.com