everything

美味しいものから、美容のこと、ドラマ、映画、地元の京都・大阪のこと、気になること、体験したことをご紹介します

ボヘミアン・ラプソディ 映画の曲目とあらすじ、評判は?

フレディ・マーキュリーってご存知ですか?

では、ロックバンド「QUEEN」はどうでしょう?

2004年に放送されたキムタク主演の「プライド」の主題歌だったのが 「I was born to love you」でした。

QUEENのボーカル、フレッドマーキュリーは天国にいっちゃいましたが、俳優ラミ・マレックが、フレディ・マーキュリーを演じる映画が2018年11月9日に公開されます。

 あの伝説のステージを大画面で見ることが出来ますよ。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 映画のあらすじ

映画の時代背景は、伝説のバンドQUEENのバンド結成期の1970年から伝説のコンサート、ライブエイドまでを描いた本作。

今年2018年ですから 結成されたのは47年前。およそ半世紀前なんです

なのに今、CMで聴いても、ドラマの主題歌になっても、違和感なく感動できる音楽を残したQUEENの映画。

これは見逃したくないって思いませんか?

「世界で最も売れたアーティスト」に名を連ね、マイケル・ジャクソンやエアロスミスらと共にロックの殿堂入りを果たし、日本でもスポーツシーンやドラマ、CMなどで世代を問わず誰もが耳にしたことのある伝説のロックバンド、クイーン。『X-MEN』シリーズのブライアン・シンガーがメガホンをとり、今もなお世界中を魅了し続けるクイーンの現メンバーのブライアン・メイとロジャー・テイラーを音楽総指揮に迎えて、1991年に惜しくもこの世を去った史上最高のエンターテイナー、フレディ・マーキュリーの姿を描く本作。劇中に甦った32もの不朽の名曲には主にフレディ自身の歌声が使われ、その唯一無二のヴォイスは心臓に鳥肌が立つほどの感動を呼び起こす。

監督 ブライアン・シンガー(X-MENシリーズ監督)
出演 ラミ・マレック
  ジョセフ・マッゼロ
  ベン・ハーディ
  グウィリム・リー
  ルーシー・ボイントン
  マイク・マイヤーズ
  アレン・リーチ
原題 Bohemian Rhapsody
製作 グレアム・キング/ジム・ビーチ
音楽総指揮 ブライアン・メイ(クイーン/ギター)
  ロジャー・テイラー(クイーン/ドラマー)
配給 20世紀フォックス映画

 


 

フレディ・マーキュリーの死因

QUEENといえば、圧倒的存在感を放っていたボーカル、フレディ・マーキュリーに注目が集まります。

死因は、当時は不治の病だったエイズにより肺炎で亡くなりました。

1946年9月5日生まれのフレディ・マーキュリー。

1991年11月24日 天国へと旅立ったのはまだ45才の時でした。

結婚したこともありましたが、その後多くの恋愛遍歴があり男性との恋愛もあり、恋多き男性でもありましたが、人生最期の時は、ジム・ハットンと暮らしていました。ふたちの関係については諸説ありますが、ジム・ハットン自身の著書にはフレッドマーキュリーとの愛が書かれています。映画の中にも、ジム・ハットンのことが出てくるようです。

QUEENのどの曲が好き?総選挙に投票できる 

QUEENの楽曲総選挙が行われています。

こちらのサイトから、曲を聴いて投票することができますよ。

あのレディーガガの名前の由来となった曲や、あのCMの曲など、ひとつひとつ聴いてみると知ってる曲が多いんですよね。

私自身も、QUEENの活動期にリアルタイムに学生じゃなかったけど、よく聴いてたんですよね。特にこの映画のタイトルになっているボヘミアンラプソディーは、曲の構成が斬新でした。

曲調が変化する

でも、どれかひとつ投票するだなんて・・悩んでしまいます。

スパッと決められますか?

 


 

映画 ボヘミアン・ラプソディの曲目は?

 2018年10月19日 日本での映画の公開に先立って、映画のサウンドトラックが全世界で同時発売されました。

 

なので、映画の曲目はこのサウンドトラックの内容に近いのかなと思います。

1. 20世紀フォックス・ファンファーレ
2. 愛にすべてを
3. ドゥーイング・オール・ライト...リヴィジテッド(スマイル)
4. 炎のロックン・ロール(ライヴ・アット・ザ・レインボー)
5. キラー・クイーン
6. ファット・ボトムド・ガールズ(ライヴ・イン・パリ)
7. ボヘミアン・ラプソディ
8. ナウ・アイム・ヒア(ライヴ・アット・ザ・ハマースミス・オデオン)
9. 愛という名の欲望
10. ラヴ・オブ・マイ・ライフ(ロック・イン・リオ)
11. ウィ・ウィル・ロック・ユー(ムービー・ミックス)
12. 地獄へ道づれ
13. ブレイク・フリー(自由への旅立ち)
14. アンダー・プレッシャー(クイーン&デヴィッド・ボウイ)
15. リヴ・フォーエヴァー
16. ボヘミアン・ラプソディ(ライヴ・エイド)
17. RADIO GA GA(ライヴ・エイド)
18. AY-OH(ライヴ・エイド)
19. ハマー・トゥ・フォール(ライヴ・エイド)
20. 伝説のチャンピオン(ライヴ・エイド)
21. ドント・ストップ・ミー・ナウ…リヴィジテッド
22. ショウ・マスト・ゴー・オン

ボヘミアン・ラプソディの評判は?

ボヘミアンラプソディーみてきた。なんだろうねえ、この、ノリながら涙腺決壊する奇妙な感じ。ちょっと散漫な(でもとばせない)中盤をすぎたら、あとはもう涙こぼしながらリズムをとる変な人。映画館暗くてよかった。 クイーンの曲がどうしてこんなに好きなのか、よくわかった映画でしたわ。

 

ボヘミアンラプソディー観てきた。おじさん一人で涙。寂しさや孤独、愛情なども表現されていて良かった。最後拍手が自然に出てしまう映画だった。Queenを知らない人が観ても面白いと思う。

 

ボヘミアンラプソディー鑑賞しました。これ以上に無い繊細で美しい演技に動揺を隠せなかった。自分は映画を見てるのか?ライブを見てるのか? いいや、伝説を見た。

 

ボヘミアンラプソディー、最高だった。宣伝通り最後の20分は胸熱すぎて、終わった後も冷め止まない。帰り道、クイーンの曲を聴いてたらまた泣けてくる。。本当にいい映画だったよ。

 

ボヘミアンラプソディー上映後の物販コーナーでQueenの写真みてそっくり!!!て言ってるお嬢さんたちがいたのだけど、Queen知らないで映画見たんだとしたら、なんで見ようと思ったのか知りたくなる案件だった。IMAXシアターだったから学生さんとはいえ、いつもよりお高いんだよ?

 

絶賛しか見当たりませんね。

やっぱり初日の今日、仕事の帰りに行ってこようかな♪

 

>>ボヘミアンラプソディのサウンドトラックを視聴する【タワーレコード公式サイト】 

『ボヘミアン・ラプソディ(BOHEMIAN RHAPSODY)』オリジナル・サウンドトラック

 

 


 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク